Wi-Fiと光回線は何が違うのか

インターネットをしたいときにWi-Fiと光回線がよく聞かれる名称でしょう。この2つのどちらにしようか悩んでいる方もいるはずです。しかし、これらはそもそも全然違うものであり、その違いを理解していないと自分に適したものを選択することができないでしょう。この2つについてはどちらもインターネット回線のことであると勘違いしている方もいるのです。実際にはWi-Fiは無線LANのことであり、光回線と比較して語るものではありません。

こちらではそんなWi-Fiと光回線後外について詳しく説明しましょう。専門的なことがよく分からないという方にも理解しやすい説明をしましょう。この2つについて気になっている方はぜひとも参考にしてください。違いを理解することによって、ネット回線の導入をする際には役に立つでしょう。正しい知識を持っていることは大切です。

Wi-Fiは無線LANというシステムのこと

Wi-Fiというのは無線LANによるインターネット接続を可能にするシステムのことであると考えれば良いでしょう。そのため、Wi-Fiは無線LANとほぼ同じものを指していると考えられます。かつては無線LANと呼ばれていたのが、その中の1種であるWi-Fiが流行ったために、Wi-Fiとしてまとめて呼称されるようになったのです。そのため、無線LANがどのようなものか知っているならば、それがWi-Fiのことであると理解しておけば良いでしょう。

無線LANというのは固定回線のケーブルをルーターに接続して、そこから電波を飛ばすことによってネット回線に接続できるというものです。その電波を端末で受信することによって、インターネットができるようになります。また、Wi-Fiを活用すると端末同士を接続することも可能であり、データのやり取りをすることもできます。プリンターと接続してケーブルなしでデータを送信して印刷をするということもできるのです。上手く活用すればとても便利なものとなっています。

光回線はインターネット回線そのもの

光回線というのはインターネット回線の1つです。かつてはADSLが主流でしたが、今では光回線に取って代わるようになっています。光回線は光を用いたインターネット通信となっています。ご存知の通り、光というのはこの世の中で最も速いものです。そんな光を効率よく伝達するためのケーブルを用いてそれぞれの自宅へと引き込んでいます。こちらを用いることで高速なネット通信が可能となるでしょう。ADSLとは比べ物にならないほど高速なインターネット通信ができるのです。

ただし、光回線はエリアによっては利用できないケースもあるため注意しましょう。収容局という場所から電柱を経由して各家庭に光ファイバーケーブルが伸びているのです。とても通信が安定しており、通信速度も速く、テレビや電話のサービスも利用できる場合があります。ただし、料金は従来のネット回線よりも高いものが多いです。また、工事をしなければいけません。

光回線でWi-Fiを利用できる

光回線を家に導入して、それを用いてWi-Fiによって無線LANで高速のインターネット通信を実現するということが可能です。通常、無線LANというのは有線によるネット接続よりもスピードが遅くなってしまうことが多いです。しかし、光回線を引き込んでいて、さらに最新のWi-Fiルーターを用いているならば、ストレスを感じることなくインターネットを楽しむことができるでしょう。

Wi-Fiを用いると、たとえばスマホでも高速のネット通信ができます。それだけではなくて、スマホの通信量を節約することもできるでしょう。このように大きなメリットがあるのです。無線LANによって家族みんなが家の中のどこにいたとしても、自由にインターネットに接続できる環境となるのです。

モバイルWi-Fiとは

光回線との比較としてモバイルWi-Fiというサービスがあります。こちらはデータ通信サービスのことです。小型のWi-Fiルーターを持ち運び、そちら基地局と直接つながっているため、配線をしなくても無線LANによる通信ができるようになります。そのため、気軽に利用することができます。仕組みとしては携帯電話がネットに接続できるのと同じようなものです。サービスエリアの範囲内であればどこでもいつでも接続できるというメリットがあります。

モバイルWi-FiモバイルWi-Fiの場合も、Wi-Fiルーターを用いてそこから電波を出すという点は共通しています。これによって自分の持っているスマホやパソコンに接続をしてインターネットをすることができます。ただし、データ通信サービスの利用のための料金を支払う必要があります。たとえば自宅にネット回線を引き込まずにすべてのネット利用をモバイルWi-Fiで済ませているような方もいます。

モバイルWi-Fiのデメリットとしては、どうしても自宅の固定回線よりも接続速度は遅くなってしまいます。高速なネット通信がしたいならば光回線の方が良いでしょう。それでもモバイルWi-Fiは人気を集めています。たとえば会社や学校、自宅、お店の中など場所を選ばずに利用できます。最近は通信速度が速くて安定しているサービスが増えているため、十分実用に耐えるでしょう。利用していてストレスを感じることはなく、安心して契約ができるのです。工事の必要もなくすぐに契約することができます。

まとめ

Wi-Fiと光回線の違いについて解説してきました。まず、Wi-Fiというのは無線LANのことであり、光回線とは本質的に異なるものであると理解しましょう。光回線はインターネット回線の中でも特に高速のものであり、現在主流のものとなっています。したがって、光回線をWi-Fiによって無線LANとして利用することもできるのです。そうすれば複数の端末で高速なインターネット通信をすることができるでしょう。

さらにモバイルWi-Fiというものがあります。こちらはインターネット通信サービスと契約をして、ルーターが基地局からの電波を受信してネット接続できるようにしたものです。こちらは光回線との比較が可能でしょう。速度はそれほど速くないのですが、十分実用的であり、エリア内であればどこでもネットに接続できるのが大きなメリットとなっています。

このようにWi-Fiと光回線はインターネット環境を整える際に重要なものとなるでしょう。それぞれの違いを理解して、メリットやデメリットを考慮した上で自分に最適な環境を用意しましょう。