必要ないなら無しでOK

どこでも手軽にWi-Fi による通信環境の中で様々な機器を使用することができるWiMAX 。WiMAXはデータ通信量の月間上限がないプランがあるため、人気があります。そのWiMAXを有線での接続に切り替えることによって、今まで以上に安定した環境を整えることができます。しかしながらこのように有線の環境というのはあくまでも状況が不安定な時だけで構いません。常にWiMAX だけでもしっかりと安定していて、尚且つ通信料についてもさほど困っていないという状況であれば、わざわざ有線LAN を併用する必要はないでしょう。

そうではない状況の中で有線LAN との併用することによって、メリットが最大限に生かされるものとなっています。無理に有線LAN を使用しても結果的にはWiMAX だけで目的がクリアできてしまうのであれば、有線LANのケーブル等を購入するのも無駄な出費となってしまいます。例えば対応エリアではあるものの、WiMAX の電波が入りにくいといった状況や特別に大きなファイルを送受信するため速度制限がかかってしまい、とても困るといった状況の中で無線LAN を併用していきましょう。

こういった使用方法が望ましいのは間違いありませんが、需要がなければわざわざ無線LAN を用いる必要はないのです。WiMAX だけでも十分さまざまな通信をすることができるので、お出かけをする時のみやゲームをする時など、目的を絞って使用するのであれば有線LAN は必要ないでしょう。